九州在住の男性にオススメしたい大阪セクキャバの魅力とは

サイトマップ

青い唇の女性

セクキャバの魅力に迫る

大きなバスト

セクキャバと一言でいいますが、別名おさわりパブ、おっパブ、セクシーパブ、お触りキャバクラなどの別名があります。また、地方によってはキャバクラ=セクキャバというところもあるそうです。また、よく混同されがちですが、ランジェリーパブは衣装がランジェリーなだけでセクキャバのようにお触りはできません。 セクキャバはキャバクラのように女の子と話すだけでなく、体を触ってもOKだったり女の子が上に乗ってきてくれたりキスしたりと、存分に女の子と恋人同士のように触れ合うことができます(サービスの内容は店によって異なります)。ただし、風俗のような性的サービスはありません。 キャバクラと風俗の中間のようなお店なので、両方のいいとこ取りという感じです。中途半端と感じる人もいるかもしれませんが、一度行くと満足度はかなり高いと思います。
まず、女の子のレベルが高いお店が多いです。通常のキャバクラよりは割高なので、女の子の給料も高めとなり集まりが良いんだと思います。風俗には抵抗があるけど高収入を望んでいる女の子にはうってつけではないでしょうか。また、キャバクラに比べて会話が下手でも場が持ちやすい利点もありますしね。そういう理由でいい女の子が多いんだと思います。
キャバクラより親密度も上がりそうですし、可愛い女の子とイチャイチャしたいという目的ならセクキャバが一番だと思います。

ピックアップコンテンツ

一覧へ

お知らせ情報

»一覧へ

Copyright © 2017 九州在住の男性にオススメしたい大阪セクキャバの魅力とは All Rights Reserved.